kotorachang’s blog

生まれつきファロー四徴症(心臓病)がお送りする

コバックの100円洗車にやられました。 安さの裏にワケあり

数年前、国道を走っていると「100円洗車」というのぼりと

着ぐるみ、コバック従業員が歩道に出てアピールしているではないか( ゚Д゚)

 

私と同じカモネギ達は洗車待ち状態。

洗車の出番が来ると車検証を持って店内で待つよう指示があり、カモは言われたとおりに車検証を握りしめ店内へ。

 

すると安いケーキと飲み物の注文ができ、「100円なのになんか悪いな」と思ったのは店側のシナリオ通りでした。

 

もちろん次回の車検を予約して帰宅。

損した訳ではないからいいだろと思ってました。

 

車検当日、一日車検なので代車を使い、夕方にコバックへ戻り、見積もりを見ると

5万くらい高いじゃないですか(; ・`д・´)

 

店員「タイヤの交換ですね」

俺氏「え?タイヤの交換なんてきいてないよ」

店員「整備士に確認しますのでお待ちください」

整備士 口をモグモグさせながら現れる(20代前半男)

俺氏「タイヤ交換ってなに?」

整備士「タイヤに亀裂があったんで~、交換しないと通らないんですよ~」

俺氏「それなら電話報告してから交換するんじゃない?」

整備士「あ~、でも交換しちゃったんで(笑)」

俺氏「どこに亀裂があったの?見せて」

整備士「タイヤはもう廃棄場所にあるのでどれかわからないです」

俺氏「・・・ (何言っても駄目だ、この店)わかった、もういいよ」

解放されたことに安堵の表情をしながら去る整備士

俺氏「店員さん、ガラコのワイパーある?」

店員「え?ガラコ??ないと思います。」

俺氏「・・・(知らない事を確認しないのかよ、、)」

もう二度と行かないと決めて会計をして帰りました。

凄い怒る人のイラスト(男性)

 

@まとめ

車検のコバックユーカリが丘、二度と使いません。

当時30代前半だった私にも世間知らずの部分がありましたが、

コバックの店員レベルの低さにがっかりしました。

甘い話には必ず罠があるということを体験しました。

 

皆様も甘い誘惑にお気をつけください。(^_-)-☆

kotorachang.hatenablog.com