kotorachang’s blog

ファロー四徴症がお送りする

子供がお腹にいるとき何て思いましたか?

恐らく「元気に生まれてくれたら」と思った人が大多数ではないか。

妊娠中の夫婦のイラスト「奥さんをいたわる旦那さん」

しかし、月日が経ち「良い学校に行って、良い会社に就職すれば安泰」と思う親御さんがいるのは事実だと思います。

 

@良い学校?良い企業?

最終的に良い企業に就職することが安泰だと思っている人はひと昔前の世間の意見に影響されていると思います。給与がたくさんもらえるから幸せ?

では超一流の会社全員に入社してずーと幸せか聞いてください(笑)

超一流の会社でもストレスで身体を壊したり、家庭で揉めたり幸せが

100%続く事はありません。

ただ、ブラック企業に入るのは反対です。

 

@本当の安泰は?

目の前の壁を登る努力ができれば私は大丈夫だと思ってます。

これは子供の世界でも大人の世界でも立ちはだかる壁に上らず逃げてばかりいると

何も身につかなくなることは一緒です。

だから、子供のうちに登れる壁を与えて成功体験を積み重ねる事が親の役割だと思います。

 

@自分で考え、選択させよ

答えを教えたり、道を教えることは子供にとって「レールに沿ってる」だけなので

考えて自分なりの答えを導き出し、間違えたら修正すればよいのです。

大多数の人は頭で考えすぎて「行動しない」ので経験値が上がらず、できる人との差が生まれて、「あいつはズルをしてる」なんて最悪の考えが完成します。

 

@最後に

子供とは無限の可能性があり、真っ白なキャンバスです。

そこに親の色を塗りすぎると大人になった時に足かせになることがあります。

だから、興味を持ったことを体験させてあげてください。

また、答えではなく、「自分なりの答え」を考えさせてあげてください。

 

以上、未来の子供に幸あれ(^_-)-☆