kotorachang’s blog

ファロー四徴症がお送りする

学校の先生。教師とは(*´ω`*)

始めに言っておきますが、批判ではないです( `ー´)ノ

 

@学校の先生とは

小学生の時からずーと学校にいるのが先生。

そお、学校から出て社会人経験というのがほぼない状態であります。

一般的な就職をした人と比べると限られた空間でしか関わりを持っておりません。

 黒板と先生のイラスト(女性)

モンスターペアレンツとの関わり

子供に教えたいという大志を抱き、教師になった人にとってまさに害獣(; ・`д・´)

学校は学習する場であり、常識を教えるのは親であるため、勘違いしている親が

多くなったのが残念です。モンスターが原因で休職している人が多いのは子供たちにとっても損害であり、教育委員会が打開策を作る必要があると思います。

 

@閉鎖的な環境

先生と生徒は歳も離れているため主従関係が明確です。

もちろん、中学・高校で授業を妨害したりする生徒には「教育的指導」は必要だと思いますが、私が中学の時、苦手だった美術の先生が、「推薦が欲しいなら内申書に美術が低いと無理だぞ」と言われました。今思えば励ましの言葉だと思えますが、当時の私には苦手教科で推薦がなくなるのか、、、と脅迫のように聞こえました。

 

@教師とは

私が考える教師とは子供が勉強に興味を持てるかどうか非常に重要な人物であり、

「楽しい」とか「興味」が湧くような先生に出会えるとその授業は早く感じます。

学校は露骨に優劣がはっきりするところなだけに、「子供の可能性」を見出すことができれば学校が楽しくなると思います。

 

良い先生が増えたらうれしいです(^O^)/

教師の皆様頑張ってください(^_-)-☆