kotorachang’s blog

生まれつきファロー四徴症(心臓病)がお送りする

あなたの命は地球より重い(学生向け)自殺(悩んでる)を考えてるあなたへ

いじめを受けている人は今すぐに親に伝えてください!

 

《テーマ》

あなたの命は地球より重い!

 

【はじめに】

私は小中学校でいじめを経験しました。

背が低く、体の線も細いためいじめの餌食になっていて

中学生の時は自殺すら考える事もあり、自分の身体が憎くてしょうがない日々でした。

また、心臓病の持病もあり、体力面でも同級生からかなりハンデがあり、野生界では真っ先に死ぬか食われるかという少年時代でした。

 

では、なぜ自殺しなかったのか?

ドラゴンボールが見たかったからです(笑)

「今死んだら続きが気になる」と今考えるとどこまで本気で悩んだのかと思います。

あとは、兄の影響で小学5年からサッカーをやっていて楽しかったからですね。

まあ、中学の部活は楽しさというより義務に変わったきがしますが、サッカーをやめたいとは思いませんでした。(ハンデがあるのに、、、)

 

【メッセージ】

いじめを受けている時、この世の全てが暗黒だと感じるのではないでしょうか。

親に心配かけたくないとか相談すると恥ずかしいとかあると思いますが、

それはちっぽけなプライドですよ。

あなたの人生、学生生活にどれだけ「楽しい」という時間を感じれるかが将来の自分へ幅を広げることになると私は思います。

人生のコマンドは「戦う」「耐える」「逃げる」の三択で網羅できるので

どれを選択するかは自分次第です。「耐える」ことができないのであれば「逃げる」選択をしても私は「ダサい」とか「根性なし」などと思いません。

これは学生だけでなく、社会人になっても同じで私は今年、パワハラ上司が原因で出勤できなくなり、異動してもらいました。これも「逃げる」に当てはまると思います。

 

ただし、学生と社会人で大きく違うところは「自分で選択ができるか」です。

学生は親が判断しての行動になるので必ず親に相談し、「どうしたいか」を具体的に伝えて欲しいと強く願います。

 

耐える事が美徳とされていた時代は終わり、多様化の世の中になってきました。

もし、親があなたの言いたい事を聞かず、一方的に「我慢しろ」などというのであれば

セーフティネットへ電話して助けを求めてください。

私の時代にはなかったネットで検索できるツールを使う事がここ30年で大きくかわりました。

 

【お子さんを持つ親御さんへ】

私は子供がいませんが、子供ができても借家を続けます。

なぜなら、持ち家のせいで転校ができない事が子供の将来を壊すからです。

持ち家は資産という人がいますが、ほとんどの家が価値が下がるため、資産とは言えません。また、お子さんがいじめで悩んでるときは必ず「サイン」を発するのでキャッチできるようにするか、日ごろ何でも言える環境を作ってあげてください。

親とは木の上に立って見ると書きます。

 

そもそも、「いじめ」ではなく「傷害」に名前を変えればいいと本気で思います。

 

【いじめっ子へ】

罪悪感を感じているならすぐにやめなさい。

因果応報で人生のどっかで必ず仕返しがくるのでやめましょう!

「自分がされて嫌な事は人にするな」という事。

 

紙(コピー用紙)をクシャクシャにしてどんなに伸ばしても元通りにならない

→傷ついた心は治らない

 

 

最後にもう一度言います。

 

あなたの命は地球より重い!